shoeboys_vi_yoko_4c.jpg

ABOUT

20200710_0239.jpg

CONCEPT

"THE BEGINNING OF
YOUR SHOE JOURNEY"

SHOEBOYS は、靴磨きと革靴の魅力を

日本に広めるために立ち上げた、靴磨き& 革靴専門店です。

日本において靴磨きの文化ははまだ発展途上であると感じています。

 靴磨きは、始めるきっかけと正しいやり方さえ知れば

趣味としても楽しめる 素晴らしい文化だと私たちは考えます。

 

靴磨きの真髄は、単純に靴だけでなく”キモチ”まで綺麗にしてくれるところにあります。

美しく磨かれた革靴を履くとキモチも整い、革靴を履いた時の立ち振る舞いも変わります。

 

また、靴磨きを続けて革靴を大事に履き込んでいくことは、

『革靴と共に時を過ごし、共に成長していく』ことでもあると思います。

 

お店の名前の中の“ BOY ”という言葉には、

「時間と共に味と深みを出しながらも本質は変わらない革靴の様に、

渋くクールに年を重ねながらもピュアに革靴を愛する少年の心を持ち続けたい」

そんな想いが込められています。

 

靴磨きを楽しく深く学ぶことができて、革靴を好きになることができる、

革靴の世界の“入り口”のような場所。私たち SHOEBOYS はそんなお店であり続けたい。

 

あなたも、革靴の素晴らしい世界に足を踏み入れてみませんか。

​PASSION

20200710_0946.jpg

靴磨きを入り口に
​革靴の素晴らしい世界を人々に伝えたい。

社会人時代に営業をしていた私は、当時まだ革靴に興味がなく、ボロボロの靴を履いていました。

そんなある日、会社の同期に教えられ靴磨きをした所、私の革靴は見違えるように美しくなり、あまりの変貌ぶりに感動してしまいました。靴が綺麗になったのはもちろん、気持ちまで清々しくなり、次の日の会社への出社、そして仕事にも気持ちよく取り組めたことにも驚きました。

「靴磨き」の文化は奥深く歴史も深いですが、今日の日本においてはまだまだ発展途上だと感じます。靴磨きをしている人はあまり多くありません。日本の社会人はスーツを着て仕事をする人が非常に多く、社会人で革靴を持っていない人はいないにも関わらず、皆「安い革靴を履き潰しては捨てる」を繰り返している現状であり、自分としてはすごく残念だなと感じています。

私はそんな日本に、靴磨きを広めていきたいと強く思いました。

靴磨きをまず知ってもらい、「革靴を磨くことで靴もキモチも綺麗になる」

「革靴は磨き、履き込んで10 年、20 年と育てることができるモノである」と人々に実感してもらい、“靴磨き” と“革靴” に対するイメージをポジティブに変えていきたい。

靴磨きは始めるきっかけとやり方さえ知れば、趣味としてもハマる要素を大いに含んだ素晴らしい文化だと私は思っています。

私のお店をきっかけに日本に靴磨きの文化が広まり、靴磨きは当たり前になる世の中を実現させたい。

そんな想いで、お店を立ち上げました。

​SHOEBOYS代表

​奥野 奏

​So Okuno/SHOEBOYS Founder

ONLINE ​STORE